江島神社を散歩しよう!

仲見世通りを抜けると、江島神社の入り口である、真っ赤な鳥居が姿を現します。

ここで豆知識を少し。

江島神社は辺津宮、中津宮、奥宮の3つから成っており、ご祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)と須佐之男命(すさのおのみこと)が誓約をした時に生まれた三姉妹の女神様と言われています。

ちなみに縁結びのパワースポットとしても有名です。

江の島の頂上までは『江ノ島エスカー』が便利!

江ノ島エスカーとは、江の島に設置されている『有料エスカレーター』のことで、仲見世通りから灯台(シーキャンドル)がある頂上までを繋ぎます。

料金は350円で、通常歩くと20分以上かかってしまう上り坂(石段)を、エスカーなら約5分で頂上まで到達することができます。
時間に余裕がない方や、足腰に不安を抱える方などにはとても便利な設備なので、うまく活用すれば、観光をさらに充実したものにすることができます。

エスカーは全3区間に分かれていて、各区ごとに観光スポットや見どころ地点に着ける作りになっています。
もちろん、一部分だけを歩いたりすることもできるので、「歩き」と「エスカー」の両方を楽しんだりするのも良いですね。

エスカーの1区目にあるのは、

江島神社『辺津宮』です。
お金を洗うと、金運がアップすると言われている『銭洗白龍王』や、輪をくぐって罪穢れを清めると言われる『茅の輪』など、お参りだけでは終わらない体験型の観光スポットとなっています。

続いて、エスカー2区目です。

江島神社「中津宮」に到着します。
中津宮は、恋愛成就の神様として女性に人気のパワースポットとなっていて、『美しくなって恋愛をしたい』と願う女性たちが訪れる場所となっています。
美しい朱塗りの社殿も見事で 、ここでは『美肌祈願』や『よくばり美人守り』の絵馬などが購入できるのですが、これが買えるのは江島神社の中でも、この中津宮だけだそうです。

最後のエスカー3区になります。

こちらは江ノ島の頂上になり、江の島のシンボルである灯台『シーキャンドル』や、人気の植物園『サムエル・コッキング苑』などがあります。

頂上では、広々とした湘南の景色を楽しむことができる他、カフェや売店なども充実しているので、一休みするのにはうってつけの場所となっています。